話題のWeWorkを見学して

関西エリア進出の初弾となる「WeWorkなんばスカイオ」(大阪市中央区)を先週、遅ればせながら見学してきた。これまでWeWorkについて聞くことは少なくなかったが、今回の見学を通じて考えを改めた部分があったので記しておきたい。

“話題のWeWorkを見学して” の続きを読む


間もなく卒業、実り多き4カ月のプログラム「OSAP」

昨年11月に弊社が採択された、大阪市のベンチャー企業支援プログラム「OSAP」が間もなく終わる。4カ月の短い期間だったが、キックオフ記者会見から始まり、合宿、ベンチャーキャピタル(VC)との計4日間のブートキャンプ、大企業とのマッチング会、さまざまな勉強会、そして担当メンターとの毎週のメンタリングなど多くの経験を積ませてもらった。

“間もなく卒業、実り多き4カ月のプログラム「OSAP」” の続きを読む


オフィスビルの供給不足が招く大阪の新たな課題

三鬼商事(東京都中央区)によると、大阪ビジネス地区の平均空室率は1月が2・72%ーー。2018年7月に3%を切り、その後は2%台の需給が逼迫した状態が続いている。東京も同様に空室率は低いが、大阪との違いは新規供給が活発なことだ。一方の大阪は、空室率が低いにもかかわらず、オフィスビルの新規供給がほとんどない状態が続いている。

“オフィスビルの供給不足が招く大阪の新たな課題” の続きを読む


ピアソラから学ぶイノベーションの原動力

昨年12月に日本でのロードショーが始まった映画『ピアソラ 永遠のリベルタンゴ』を観た。タンゴ界の革命児と呼ばれる作曲家・演奏家のアストル・ピアソラを扱ったドキュメンタリー映画で、クラシックやジャズの要素を取り入れながら、従来の“踊るためのタンゴ”から“聴くタンゴ”へ、まさに「イノベーション」を彼が先導した。

“ピアソラから学ぶイノベーションの原動力” の続きを読む


大阪万博の開催決定から1カ月に思ふ

2025年万国博覧会(万博)が大阪で開催されることが11月23日に決まり、ちょうど1カ月が経った。この間、大阪市が会場となる夢洲(大阪市此花区)の造成工事を発注したり、大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)が中央線を延伸して整備する夢洲駅に、未来的な55階建てタワービルの計画を公表するなど、会場周辺の動きも活発になっている。

“大阪万博の開催決定から1カ月に思ふ” の続きを読む