老人になってから全国行脚を始めた伊能忠敬が凄い

江戸時代の測量家で、初めて実測による日本地図をつくった伊能忠敬が亡くなって、今年はちょうど200年の節目となる。彼に対して「あの時代に日本全国を歩いて測量するなんて大変だっただろうな」程度の感想しか最近まで持っていなかったのだが、その生涯を知って驚いた。

“老人になってから全国行脚を始めた伊能忠敬が凄い” の続きを読む