大阪市のベンチャー企業支援プログラムに採択されました

大阪市のベンチャー企業支援プログラム「OSAP」に当社が採択されました。以前から運営者の方から応募のお誘いをいただいていたのですが、雑多な日常業務に追われ、なかなか応募できませんでした。しかし、優秀なメンバーが加わり、日常業務の半分ぐらいをお任せできる体制になってきたことから、今回ようやく応募させていただきました。

プログラムは、ベンチャーキャピタル20社との2日間にわたるブートキャンプ2回を始め、採択されたベンチャー企業同士で切磋琢磨する合宿、大企業とのコラボレーションの可能性を探るマッチング会、共同記者会見など盛りだくさんな内容。

これまでの参加ベンチャー企業の顔ぶれや、参加企業の累計で資金調達額が30億円以上の実績など関西を代表するベンチャー企業支援プログラムです。当社は、この第6期に応募し、48社の応募から2回の審査を通過した11社の中の1社として選ばれました。

「プログラムに採択されたってどういうこと?」との質問を複数の人からいただきましたが、簡単に言えば、これから3月までの4カ月間にわたるプログラムを受ける機会を採択によっていただいたということになります。

プログラムを通じた当社の目標は2つあり、ひとつは首都圏など他のエリアに進出するための資金を調達することです。もうひとつは、提供する未来の地図「建設マップ」の普及に向けた大手企業との連携強化。せっかくいただいたチャンスですので、この2つの目標の実現に向けて、OSAPを最大限に活用したいと思います。

【大阪市の報道発表資料】

創業期ベンチャー企業支援“OIHシードアクセラレーションプログラム(OSAP)”第6期を開始します ~参加ベンチャー企業が決定~