VCからの資金調達を神聖視し過ぎていないか

スタートアップ界隈で、もっとも注目を集める話題は、VC(ベンチャーキャピタル)からの資金調達だろう。「A社がシリーズAで何億円を集めた」などといったニュースが頻繁に業界内を飛び交う。VCからの資金調達は成功のための登竜門であり、私も出資を受けた企業を羨望の眼差しでみていた。

たしかにスタートアップ投資のプロであるVCが、その将来性を評価して出資した実績は、集めた資金以上の価値を持つ。指標としても金額で表せるために分かりやすい。VCによる成長に向けた時に手厚い支援も、スタートアップの飛躍につながることが少なくない。

一方で、スタートアップの評価をVCからの調達とあまりにも同一視することに違和感も覚える。私がそう考えるきっかけをつくってくれたのは、実はあるVCの方のアドバイスだった。

彼の助言は、こうだった。スタートアップを含めた企業の資金の調達方法として、①本業でしっかりと利益を上げて再投資する、②銀行から融資を受ける、③VCなどから出資を受ける、の3つの方法をすべて考えるべきである。かつ、まず①、それがダメなら②、さらに①も②も無理な場合の最終手段が③であり、①、②、③の順番で考えるべきとの内容だった。

たしかに、①の本業で利益を上げることは、企業にとっての真の実力であり、調達コストが不要なだけでなく、(継続的に成果を出せる)再現性も高い。銀行からの融資も、企業の通知簿である財務諸表を評価し、特に安定的にキャッシュを生み、元本と利息を返済する力があるかを厳しく評価される。つまり企業にとっての実力による資金調達ともいえる。

特に目新しい考え方ではない。スタートアップ以外の企業にとっては、一般的な考え方といっていい。一方で、スタートアップはVCばかりに目が向いてしまい、視界が狭くなりがち。前述のVCの方からのアドバイス以降、私自身は、いかに利益を伸ばすかを資金調達でも最優先するように考え方を改めた。

①が「いま」、②が「過去」に対して、③は「未来」に対する評価であり、不確実性が高い分だけ、調達コストは高くなる。もちろん、初期段階で大規模な設備投資が欠かせないプロダクト系のスタートアップなど、一定の資金を調達しないと事業を始められないケースなどは、③主体で考えざるをえないだろう。

ただ、大きな設備投資が不要なIT系の場合、小さく始めて、大きく成長する道もある。VCからの資金調達ばかりが話題になる現状が、少し気にかかる。