コロナ禍で周りの人たちを観察して分かったこと

新型コロナウイルス感染症の国内初の感染者が確認されてから半年が経った。この間、3月に東京オリンピック・パラリンピックの延期が決まり、4月には緊急事態宣言が出されるなど事態が深刻化、現在に至っても終息の見通しは見えてこない。

“コロナ禍で周りの人たちを観察して分かったこと” の続きを読む


見切り千両、損切り万両

新型コロナウイルス感染症の対応で、大阪府の吉村洋文知事が優秀なリーダーとして名をあげている。一方で、リーダーシップの欠如や思い付きのような施策で名を失した政治家もいる。こういう非常時は、政治家だけに限らず、その人の実力や人格が明確になりやすい。

“見切り千両、損切り万両” の続きを読む


社長と呼ばれる人たちを観察して分かったこと

「社長」というキーワードでイラストを探すと、鼻の下に髭を蓄え、大きな黒革の椅子にゆったりと腰かけている、太り気味の年配男性が圧倒的に多い。実際がどうかは分からないが、世間のイメージする社長はそんな姿なのだろう。

“社長と呼ばれる人たちを観察して分かったこと” の続きを読む


間もなく卒業、実り多き4カ月のプログラム「OSAP」

昨年11月に弊社が採択された、大阪市のベンチャー企業支援プログラム「OSAP」が間もなく終わる。4カ月の短い期間だったが、キックオフ記者会見から始まり、合宿、ベンチャーキャピタル(VC)との計4日間のブートキャンプ、大企業とのマッチング会、さまざまな勉強会、そして担当メンターとの毎週のメンタリングなど多くの経験を積ませてもらった。

“間もなく卒業、実り多き4カ月のプログラム「OSAP」” の続きを読む